Q.遺産問題で、相続人間に争いが出たらどうしたらよいのか

A: 相続人間で、話し合いにより遺産分割の話がまとまれば、遺産分割協議書を作成すればよいのです。
しかし、話がまとまらないことも少なくありません。どうしても当事者間で話がまとまらなければ家庭裁判所に調停の申立をすることになります。
家裁の調停では、調停員2人が、話がまとまるよう調整をしてくれますが、それでも話がまとまらないことがあります。
その時には、家庭裁判所の裁判官により、審判で分け方を決めてもらうことになります。
家庭裁判所で調停をしなければならない場合には、申立人であろうが、相手方であろうが、権利を確実に確保するため、弁護士に代理人になってもらうことができます。その方が解決が早く、合理的な解決に至れることが多いでしょう。

金子博人
[弁護士]