Q.相続税の申告と納税はどうするか?

A.相続税の申告は、被相続人の死亡後10ヶ月以内に被相続人の住所地の税務署に相続人が連名で申告します。納税の期限も10ヶ月以内です。

   申告期限までに遺産の分割が決まらないときは、とりあえず未分割のまま法定相続分で税額を計算し申告します。なお、未分割で申告すると下記のような不利が生じます。

1.物納が認められない。

2.農地に対する納税猶予の適用が受けられない。

3.申告期限後3年経過すると次の特例が受けられない。
   ・  配偶者の相続税額の軽減
   ・  小規模宅地等の評価減
   ・  相続財産の取得費加算

尾崎充
[公認会計士・税理士]