Q:相続時精算課税制度の効果的な活用法を教えてください

A:相続時精算課税制度の活用法としては、賃貸建物を生前贈与するのが効果的です。
例えば、時価4,000万円の賃貸建物を相続時精算課税制度によって贈与した場合
の相続税評価額は、約1,680万円で、相続時精算課税制度の非課税枠2,500万円以
下となって、贈与税はかかりません。
 これは、賃貸建物の相続税評価額が固定資産税評価額(時価の約60%)で評価
され、さらに借家権割合(30%)の減額があるためです。
(算式)
4,000千万円×60%(固定資産税評価)×70%(借家権割合30%減額)=1,680万円
仮にこの賃貸建物の家賃収入が年間で400万円ある場合、この収益が相続予定人
に移転します。10年で4,000万円ですからかなりの金額の相続税支払原資を確保
することが可能になります。
さらに、親御さんが高所得である場合には所得の分散によって親御さんの所得税
及び住民税額を軽減する効果も期待できます。

尾崎充
[公認会計士・税理士]