相続登記について2

Q 先日、父親が亡くなりました。母親は既に他界しており、相続人は私を含め兄弟3人です。父親名義の不動産は、私が同居していた関係で、私の名義にしたいと思っております。どの様にしたら良いでしょうか。

A 一つの方法は、ご自身以外の兄弟の方が、相続の放棄をする方法があります。この相続の放棄は家庭裁判所で手続きを行います。それほど難しい手続きではありません。
しかし、相続した相続人はその地位を失い、不動産を相続出来ないだけでなく、預貯金等全ての父親の資産を、相続できなくなります。又、負債についても相続しません。従って、負債の額が多額な場合は、相続放棄は意味があるかもしれません。
もう一つの方法は遺産分割協議を行う方法です。この方法は、相続人が全員で協議を行い、父親の不動産は兄、預貯金は次男、株券は三男とする事ができます。又、この遺産分割協議は書面として残し、各相続人の印鑑証明書を添付すれば、登記手続きにおいても有効です。通常、遺産分割協議を行う例が多いです。

小柏晋一
[司法書士] お客様の為に誠心誠意、お仕事をさせて頂きます。   小柏