相続登記について

Q 私は65歳の男性ですが、先日95歳の父親が亡くなりました。母親は既に他界しており、私には兄と弟がおり3人兄弟です。父名義の不動産の相続登記は急いだ方が良いでしょうか。

A 相続税の申告と違い、不動産を相続人名義にする相続登記は特に期限はありません。
しかし、相続人が高年齢の場合、相続登記をする前に相続人自身が亡くなってしまうケースも結構あります。そうしますと相続人の配偶者、子供が当事者となり、他の相続人含め相続財産を相続人の誰にどの様に分配するか、協議しなければなりません。
(これを遺産分割協議と言います)
従って、上記の様に相続人が亡くなりますと、相続の当事者が増え、しかも余り普段お付き合いの無い方とも協議して、相続財産の分配を決めなければなりません。これは結構複雑で、速やかにいかない事もあります。
結論としては、不動産の相続登記についてもなるべく早めに済ました方が良いと思います。

小柏晋一
[司法書士] お客様の為に誠心誠意、お仕事をさせて頂きます。   小柏